造る中に更に複雑な品形を備えた後にで設置

1993年バーゼル大展の中で、彼を展示します の第6番の変動陀はずみ車の設計。亅993年8月末、喬 先生は努力を経て、ついにまた新作を作って、陀はずみ車の骨組みをです 取り除いて、全部の塊のウブロコピー腕時計の重さを半近く減少させて、操作は更に順調です 正確です。骨組みに行くため後で対位(法)は詰めることと散りばめてすべて困難を増加しました 度、造る中に更に複雑な品種になります。
それらの軸の上でまた(まだ)それぞれ装備していますか?同じ2歯車の7がお互いに3かみ合いを数えてその中の1つの四つ手の同じ軸の上に位置付けのラチェットの8があって、位置を測定するリード9の圧力に頼って(寄りかかって)四つ手必ず位置を維持します。時計スーパーコピーもう一つの四つ手の軸の上目でウォームの10を出して、それとウォーム・ギヤ11のかみ合いを通じて(通って)四つ手のがぐるっと回しをポインターの機関に伝わって、
2上り下りして皿を進めて、それぞれ作り出します。螺旋の形の歯の部分は鋼が押し抜きを持って一定の形を備えた後にで設置してあるいはブッシュ上ポリフォルムアルデヒドを使うに全部形成します。数を数える輪軸と大振り子は垂直に交差します。数を数えて順番に当たる歯車の歯の切断面はあるいはひし形が楕円形のだです

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *