スーパーコピー時計を断ち切って持っていって入ります

街を回転したことがあって1つの店が見えて、入って聞いて、なんと緑の水の幽霊がいて、店員に取り出させて、実物は画像より精致で多すぎて、この時に私はすでにさっきつける50を試みて格拉蘇蒂PMLを探したのをと忘れました。私の準備したスーパーコピー時計のためこれを感じます。残念ながらこれは表して、売らないで、1人の取引先が予定したのので、私達の買いたい話が予定することができると言って、黒水の鬼緑の水の鬼しかし人気があるモデル、1ヶ月が必要なことを予定して、しかし私達3日後に離れて、その上フィレンツェの価格も優位がありません。

フィレンツェを離れて、またローマ、パリに行って、すべて水の幽霊に出会ったことがありません。ヨーロッパの旅はこのように素手で帰ります。私を過ぎて1ヶ月がまたヨーロッパに出張を行って、ジュネーブでの店を見て、ここはかえって何がモデルを表してすべて現物があって、しかし価格はイタリアよりずいぶん高くなりました。やはり(それとも)出していません。

時間はちょっと年末まで着いて、私は日本へ出張しに行く第一駅大阪、ホテルに良い後を落ち着かせるのを行って、調べますと、居然ホテルのそばは大丸と伊勢丹のマーケットで、中すべて相撲取りのコーナーにご苦労をかけて、パスポートとクレジットカードをきちんと持って、大丸の4階ののコーナーに走って、カウンターに小さい兄を聞いて、水の幽霊がいて、彼は一本の製品の画集を取り出して黒水の幽霊を指していて言って、これがあって、残念ながら私は要するの緑の水の幽霊で、彼はないと表します。ためらって、伊勢丹に降りていって、黒い緑はすべてありません。それからまた日に日に新しくなる堂などの行商店を走って、すべてありません。

3日後に、東京に来ます。かかわる谷に住んで、近くにいくつ(か)ののコーナーがあって、すべて喜び勇んで走っていくので、失望しているのは出てきます。緩い家の百貨で、1人の古い店員は私に銀座にまた運試しをしを行くことができるのを教えます。文句は言わないで、地下鉄に乗って、銀座に来ます。結果も得るのを想像することができます。鬼影さえ見えません。失望する時、振り向いて三越の百貨がなんと個を開いて専門的に表すビルを売りが見えて、走って入って、もちろん黒くて緑の幽霊はないのです。失望する時、走って入って金の黒い幽霊を試みる人がいて、どのみちすべて取り出して、私もひとつを試みます。なんと良くて、店員は青いのがまだあると言って、“持って来る”、間金藍の幽霊はつけて手で行って、これが私のスーパーコピー時計だと感じますか?金色と青いのはいっしょに緑の幽霊より更に美しいと感じる資格があります。価格を聞いて、6万余り。国内の価格の6割が多いです。良くて、緑の幽霊はすべてすでにすべて早く6万になるまで(に)。店員に税金の払い戻しを計算させて、日本の値切らない習慣のため、またためらいがもなくて、カードで払って、スーパーコピー時計を断ち切って持っていって入ります。箱を表して店に国内を返送させて、スーパーコピー時計、私は直接持って手上で外出しました。