IWCコピー時計について話すために、ここにいるからである日付に出

IWCコピー時計は多くの方法でテストできる。私達は、コンクリート、私の平板へのカシオカタパルトG-ショックが部屋を横切るプロトタイプに点火するためにParmigianiが巨大なハンマー似のスイングを使用するのを見るのを知った…そして、最も最近、ローランフェリアーは私にSIHHの間に1週の間それらの非常に素晴らしい砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋を身に着けさせた。私は3つのテクニックがだいたい等しく奮闘的にちがいないと言う。ここ産業展示会マラソンの間の測時学の着用本当に素晴らしい断片が似たものであり、それはどのように持ちこたえたか。

http://www.2013brandwatches.com/

第一に、ローランフェリアー--ブランドと人--が来る所の非常に迅速な合図。ローランフェリアーは、2008年にその後長い間notの彼自身の製造を始めることだけで創造的なディレクターとして会社から遠のいたパテックフィリップの37年ベテランである。ローランフェリアーは、用語の最もよい可能な意味の少数の真実の保守派のIWCコピー時計の間にいる。

PatekはPatekであり、感謝して、フェリアーさんは、それについての賛辞として彼のブランドを作成することのパスを自身にはっきりと課さなかった。代わりに、彼は、Patekを大きくすることと追加されることについての製造特色を取った彼の中心的なコレクション断片をデザインする時の混合物への感受性、排他性、および抑制の寛大な特別な一服。ローランフェリアー製造はやがて12人の人々を雇用し、1年あたり150個より少なく産出する--新来者ブランドのための生産性の迅速なピックアップについての話。私達は、また、これが、前に行く年で作られるのと同じくらい多いLFについてであると言われた。

フェリアーさんは車も好きで、それらと競走する時に成功していることさえした--しかし、それはパーソナルとおりとしてある私達は彼とこのレビューに到着する。なぜなら、私達は、あなたがさんに尋ねることを手助けするのでなく、IWCコピー時計について話すために、ここにいるからである日付に出るフェリアー(あなたは、ここのローランフェリアーさんとの私達のインタビューにおいてルマンの24時間の彼の背景とレースをもっとよく知ることができるけれども、)。

ローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋はそれ自身の右で究極のある--それ自体それゆえ呼出し私達で高く無責任ではなく、すべての他の驚異的なについて世の中に失礼なそれの「究極」。それが誰かに似ていて伝統的な製造について大きいすべてで取ったので、わきの政治的な正確さ、砕石片(または英語「小石」の)は、置かれるので、そんなによい巨大なミキサーへのすべてのそれ、ボトルにおいて出て、それを最もよいブドウ酒貯蔵室の中で最も高い棚に設定し、結果として生じている本質をちょうど1つのIWCコピー時計に蒸留したものの場合に、何の場合にでも置かれる。はい。

そして、知っている何あなた?その隠喩がであったので、屠殺されるようにそれ分類of起こったことである。砕石片クラシックは委員会または有名なデザイナーによりデザインされず、故意に想像力にとぼしいビンテージものの再リリースのうちのいくつかのような前のIWCコピー時計デザインに厳密に基づかない最近はそうである。

むしろ、それのすべての未成年者とキー要素は、それのように見えて、感触を持っている考案されて、それによって1人の人により是認される解決問題を持つ数十年の間占められている目のセットと精神は、デザインを見るためにリンクした。

ラグローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋は、旧式で、小さいか、または不必要に大きく見えずにまさに右の手首存在を持っている。曲がったプロフィールとベゼルは、ケースが厚さ12.50mmの名士であること、私が、信じてそれゆえどれほどほっそりしているづらいのを発見した何かケースに見させる。強いエッジが全然ないので-川の電流の近くでスムーズにすり減っている小石を思い出させる-砕石片は、ただ、ワイシャツの袖さらにそれを分別があるままにしておくことと下the-レーダーの下に滑ることが大好きである。

裁量について話すことによって、これは、私をローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋の「離れわざ」に連れて来る:その顕著に微妙な外観。すなわち、それは、その非常に最も見事の「お忍び富」である。200,000ドルを超える公正なビットで、これは、標準によってさえ非常に高価なである。私は、私達が、産業ベテラン、仲間ジャーナリスト、小売店の不可能な数を経験したこととしてのSIHH2017の毎日、および展示者を表している親切な人々というもちろんこのまさしくそのを着用していた。内気なつむじ風の冒険にSIHHに入りなさい。

私は、どのようにこのIWCコピー時計が認められているか、または、精通の人々によって、SIHHの外で私が会うだけでなく、バター付きパンがを徹底的に識別している人々により無視されるかをわかるために非常に物好きであった。その堅固な金ケースにもかかわらずローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風--はい、6数値値段をつけられたつむじ風--ほとんど、独占的に達成される金ケースに入れられたどのような他より多くの注意、革はドレスをつり革装備していた:notの多く。

私はそこで停止せず、それを、ノベルティー商品、私の手首ショットのために私の左のものを確保する時の私の右の手首に身に着けている代わりに、開始によりIWCコピー時計は取り去られて、それを、私達が座ることおよびノベルティー商品が提出されるそのまわりの所のテーブルに置く。あなたは、たぶん、たいてい、私達が着用しているが、30-60分の長さのミーティングと私が、親切な「そして、あなたは何を着ているか?」に答えた時の一部であると耳にすることに驚かない。時間の50パーセントについて、私が、人々が、このがあるものというどのアイデアにもほとんど持っていないとわかることができた問題。

十分におかしく、IWCコピー時計は、偶然でさえ、少しのミーティングで、人が彼ら自身の商品を扱う同じ種類の世話をよく適用しなかった方法でもの珍しそうに拾い上げられる、彼らだけがまわりにそれを回すこと、および予想外を迅速に理解し、ショックの表情に変るそれらの顔ために、そして、テーブルにおいて--非常に穏やかにこの時--を戻すことを最終的にしなさい。

従って、この全く不科学の実験の発見が、ローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋について善または悪い物であるか?それは、あなたが、あなたの値段を6数値つけられたつむじ風から望んでいるものに本当に依存する。しかし、それの疑いなく分別があるデザインが与えられて、私は、多い(けれども確実notのすべて)産業人々のさえレーダーの下を飛ぶ時にIWCコピー時計が極めてよく機能したと言う。言わずに、すでにずっと少ないパーセンテージがブランドを知っていたことが行くべきであることおよびたぶんでさえ、およびそれら、尋ねることを切望したこれが本当にではなくて以来の実地の注視のために、あなたは毎日見、で現在そのメーカーが展示者のうちの1人である時でさえ。

本質的には、すべてのこれは、ローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋が、その中のその1人パーセントのコミッションを取る人価格、非常にはっきりと堅固な金ケース、および複雑な動きにもかかわらずすっかり残留すると言うことになっていたか、または主として少なくとも認められない。それは、しない人々から、ほとんどすべての何までのも、人々知っているおよびからたくさんの注目を得るIWCコピー時計の分類ではない--そして、後者は、正確に、あなたが、とにかく知っていることを必要としないかもしれないそれらである。

一度に地位の象徴および直ちに認識可能な八角形デザインが贅沢の肝腎要であるようであるかもしれない時には、それは、見るために心底さわやかである--そして特にウェアに--それとそれのうちのすべてに逆らう何かが、そのような短い時間にこの若いブランドが経験した成功した成長を説明するものでもある。最後になりましたが、そこで、発見することちょうどどれほど見事と高価であるに、楽しむことと楽しみ要素である情報を知る者のそれら」いた誰とも長持ちするはずがない。

心理学を持つ十分既は、ローランフェリアー砕石片クラシックつむじ風2倍ら旋を私達真実の愛好家のために目立たせるものを見よう:その手巻つむじ風口径。あまり知られていない事実は、この動きが、LaFabriquedu臨時職員(部分的に、前のBNB概念人々によって走りなさい)とローランフェリアーにより発展させられたことである。LF619.01動きにはあり幅31.60mmであることと厚さ5.57mmであること、80時間のための3Hzのラン、188の部分および23の宝石で創作される。機能は、時間、分、および秒を含む…

あなたがそれを向きを変えるまで間違いなく、主要な機能が建築の美および口径の実行である。おまけに印象的に話すことが難しい:実行の品質、動きの建築、または2倍渦巻状つむじ風の目新しさ。ここ、どのように事が失敗するかである。

最も目立っている物は、完全に丸いムーブメントそれが、それが到着するのと同じくらい伝統的な形である、橋とホイールの非常に斬新なレイアウトのコントラストである。金色の比率、および明確で、特徴的なまっすぐなラインの円の劇は、実際底で、トップの主ぜんまいから少しの積み重ねられたホイールを通してドライブをつむじ風に配達するための非常に直接的な方法であるものを変装させる。

橋の歪曲されたおよび磨かれたエッジとさら穴は与えられることであり、従って、鏡磨かれた黒であるつむじ風かごだけでなくねじ、およびそれを安全に保つ橋の一番上の表面。私が、ギアトレインホイールのスポークのはす歯を切られたおよび磨かれたエッジであったことを願ってのために残されていた唯一の要素--それがであるかもしれないのと同じくらいしづらい「高級なhorlogerie」の絶対多数それ、従って、この批判はまさにLF619けれども非常にほとんどにあてはまるところであるこの価格セグメントのすべて。